本大会に備えて合宿研修

■ 神奈川県立生命の星・地球博物館での研修の様子 

齋藤館長からの激励 火山の講義を受講中
偏光顕微鏡やルーペを用い、岩石薄片や岩石を観察する代表選手
夕食後に宿で、事前課題の復習 開館前の空き時間に、前日の復習

■ 聖光学院での研修の様子

移動式プラネタリウムを用いて、インドネシアの夜空を再現

■ 葉山での研修の様子

地層の上下判定 ブラントンコンパスの使い方

 

いよいよ本大会!インドネシアへ

ジョグジャカルタに到着 開会式前日の歓迎会(自己紹介風景)
開会式での日本選手団 地質野外試験の下見風景
雨天時の地質実技試験場を下見 全ての試験終了後、選手と久々の再会

■ メダルに関わる試験以外の様々な活動

Brivin Caveで実施された国際混合チームで行う国際協力野外調査
国際協力野外調査翌日に行われた調査結果のプレゼンとメンターによる採点風景
ジョグジャカルタの公立高校を訪問(研究発表と意見交換の様子)
世界遺産ボルブドゥール見学 Prof. Dr. Mezak A. RATAG氏による記念講演

■ いよいよ出発のとき・・・

金メダル授与 閉会式後の日本選手団記念撮影

■ 閉会式後

さよならパーティーでの夕食と恒例のアニメソングにのせたダンスの披露

文部科学省表敬訪問

9月29日午後、地学オリンピック日本選手団は睫敲孤科学大臣を表敬訪問しました。地学オリンピック日本選手団が文部科学省を表敬訪問したのはこれが初めてです。睫敲孤科学大臣から、代表選手ひとり ひとりに文部科学大臣賞が手渡されました。記念撮影の後には、鈴木副大臣と林政務官も同席される中、選手たちはそれぞれに現地でのエピソードや感想などを大臣らに説明しました。

表彰後の記念撮影 睫畋膺辰箸虜談の様子