2018年度サマスク開催地公募

掲載日:2017年01月20日
2018年度地震火山こどもサマースクール開催地の公募

地震火山こどもサマースクールは、1999年夏から小・中・高校生を対象にはじまった行事で、現在、日本地震学会、日本火山学会、日本地質学会が共同で実施する、地球科学関連では最大規模の体験学習講座です。2018年度(2018年夏)に実施する第19回の開催地を公募いたします。

応募資格
1.地震火山こどもサマースクールの主旨に賛同し、現地事務局を設置できる団体.なお応募が採択されたのち、三学会(地震・火山・地質学会)のスタッフと現地事務局で実行委員会を結成し、この実行委員会がサマースクールを実施します。
    
2.現地学校の夏休み期間中に1泊2日の日程(土日が望ましい)でサマースクールを実施できること。
3.こどもとスタッフの宿泊に供することができる宿泊施設を確保可能なこと。

募集期間:2017年1月20日(金)〜2月28日(火)

詳しくは,http://www.zisin.jp/modules/pico/index.php?content_id=3461

なお,今年8月の第18回地震火山こどもサマースクールは,「湧水と大地のひみつ」をテーマとして熊本県益城町で開催予定です(参加対象:益城町とその周辺の児童生徒を予定).
 

お知らせ