東北支部   2014.3.4更新

東北支部2012-2013年度総会・講演会


【報告】
2014年(平成26年)3月1日山形大学地域教育文化学部において,10:30〜12:00に支部引継幹事会,13:00〜13:50に総会,14:00〜18:15に講演会が行われた.口頭発表10件,ポスター発表10件があり,26名の参加者があった.総会,講演会とも,予定の時間を越える活発な討論がおこなわれた.その後の懇親会も15名の参加があり,来年度から支部幹事を担当する岩手大学の土谷信高次期支部長や佐々木惇氏から支部行事の抱負が語られ,盛会の内に終了した.
 


 


 ★お願い★総会に出席できない方は、必ず委任状の提出をお願いいたします(委任状はこちら)


 MAP1
 MAP2
※それぞれクリックで拡大


場所:山形大学小白川キャンパス 地域教育文化学部2号館
日時:3月1日(土)[3月1日(土)のみの開催になりました]
[10:30-12:00 幹事会(山形大及び次期担当の岩手大)]

■参加費(予定):一般 1,000円/人,学生  500円/人
■懇親会参加費 :一般 4,000円/人、学生 2,000円/人
 *非会員の方の参加も受け付けます.


【プログラム】
12:00-13:00 昼休み・受付
13:00-13:50 東北支部総会
13:50-14:00 休憩
14:00-15:15 口頭発表(1-5)
15:15-15:40 ポスターショートトーク(1人3分)
15:40-15:55 休憩
15:55-16:40 口頭発表(6-10)
16:40-17:40 ポスターセッション
18:00-20:00 懇親会

■口頭発表
1.西勇樹・伴 雅雄(山形大学・理)及川輝樹(産業技術総合研究所)
   東北日本,蔵王山,五色岳形成初期の噴出物について
2.中川遼也・伴 雅雄・吉村俊平・加々島慎一(山形大学・理) 山元孝広(産業総合技術研究所)
   蔵王山馬ノ背アグルチネート,吾妻山大穴ユニット噴出物中の苦鉄質斑晶中のガラス包有物の岩石学的特徴
3.永広昌之・東北大学総合学術博物館
   南部北上帯中平地域の下部ペルム系中平層産アンモノイドProstacheoceras
4.村上英樹(国立大学法人秋田大学)、中嶋信義(秋田県立秋田北鷹高等学校)、神笠 諭、堀内 稔、野口泰彦(昭和化学工業株式会社)
   珪藻土敷設がもたらす植物生長促進効果
5.新妻信明(静岡大学地球科学教室、仙台)
   小笠原スラブ沈み込み形態と西之島噴火および日本海拡大
6.根本直樹(弘前大学大学院理工学研究科)・佐々木 瞳(株式会社ジョブメイト)・相澤武宏(弘前大学大学院理工学研究科)
   青森県下北半島南部,尾駮沼における現世有孔虫の分布
7.藤本幸雄(秋田西高校)
   湯沢ジオパーク、御嶽山の地質について
8.山野井 徹(山形大)・門叶冬樹・加藤和浩(山形大・理)・今野 進(九大・院・地球)・箕浦幸治(東北大・院・地学)・鎌田隆史(東北大・理・地球)
   酒田北港海岸で発見された津波堆積物と庄内砂丘の事件層
9.土谷 信高(岩手大・教育)・武田 朋代(矢巾東小学校)・佐々木 惇(岩手大・教育)・足立 達朗(九州大・比文)・中野 伸彦(九州大・比文)・小山内 康人(九州大・比文)・足立 佳子(新潟大・超域)
   南部北上山地,大船渡市甫嶺付近から見い出されたカンブリア紀のU-Pbジルコン年代を示すトーナル岩について
10.佐々木惇・土谷信高(岩手大・教育)・足立達朗(・中野伸彦・小山内康人(九州大学大学院比較社会文化研究院)・ 足立佳子(新潟大学超域研究学術院)
   南部北上山地,氷上花崗岩類の岩石学とジルコン年代学


■ポスター発表
1.石川絵美・加々島慎一(山形大学)
   CO2流体のラマン分析による東南極ナピア岩体,アムンゼンダイクの定置場の推定
2.鏡 早智・加々島慎一(山形大学)
   東南極リュツォ・ホルム岩体,明るい岬に産するミグマタイトについて
3.加藤夢絵・加々島慎一(山形大学)
   チリ・パタゴニアにおける中新世花崗岩の成因
4.谷 優也・中島和夫 (山形大理)
   山形県南陽市吉野川流域の地球化学図作成
5.増澤優介・中島和夫 (山形大理)
   埼玉県秩父花崗岩類のマグマ・サブソリダス過程と関連鉱化作用
6.岩田尚能(山形大学理学部地球環境学科
   山形大学未公表K-Ar年代測定結果−福島県北二本松周辺の阿武隈花崗岩類
7.大友幸子(山形大学地域教育文化学部)・福地里菜(東京学芸大学)・早坂康隆(広島大)
   畑川破砕帯東側のマイロナイト化作用を受けた花崗岩の年代
8.久保雅臣(山形大学)
   飯豊山地における後期白亜紀〜古第三紀深成岩類の岩石学的研究
9.佐藤景(東北大・理・院)・石渡明(東北大・東北アジア研)
   宮城・岩手県境の石越安山岩の岩石学・地質学的特徴と板状節理の形成条件の考察
10.名取孝人(東北大・理・院)・石渡明(東北大・東北アジア研)
   北部北上帯の緑色岩の岩石学的特徴とその起源
11.木本和希(東北大・理・院)・石渡明(東北大・東北アジア研)
   宮城県岩沼市の中新世複合溶岩流の内部分化過程:分結脈から柱状節理へ
12.渡邉寛也(東北大・理研・地学)・石渡 明(東北大東北アジア研)
   日本・北部北上帯付加体砂岩における曹長石化
 
*総会欠席の方は,委任状を下記メールアドレスへ2月26日(水)までお送り下さい.
川辺 孝幸(kawabe@kescriv.kj.yamagata-u.ac.jp)

---------------------------------------------------------------------------

委任状


日本地質学会東北支部2012-2013年度総会における議決権を,
                   様に委任いたします.

平成26年2月  日                   


御氏名:                       印

---------------------------------------------------------------------------

 

なお、ご連絡いただいた個人情報は東北支部運営以外の目的に流用することはございません.
その他問い合わせ先:大友 幸子(yukiko@e.yamagata-u.ac.jp)

 

プリンタ用画面