2020年からIsland Arcが新しく変わります

◆投稿から出版までの時間が大幅に短縮されます!:「Island Arcは出版までに時間がかかる」そんなイメージをお持ちではありませんか?それは過去の話です.Island Arcでは査読体制の強化と編集体制の改善に加え,日本語要旨が廃止される2020年からは,投稿から出版(オンライン掲載)までの時間が標準で3ヶ月程度となる見込みです.また,年間1号の出版となるためEarly Viewの段階を経ず,受理された論文は五月雨式に出版されます.これにより各種データベースへの論文の登録が早まります.

◆論文アクセスの無料化・迅速化:Island Arcでの出版から2年経過した論文はアブストラクトだけでなく全文へのアクセスが無料となります.また日本地質学会Newsには従来の日本語要旨の代わりにQRコードを掲載します.要旨だけでなく全文へのアクセスが迅速になります.

◆超過ページ料金の廃止:長い論文が推奨されるわけではありませんが,超過ページ料金の心配なく,論文を投稿いただけるようになりました.

◆編集事務局の強化:編集事務局が海外に移転され,2〜3名体制で査読・編集・出版プロセスの支援が行われます.質問対応などに遅延が生じない体制ができました.

また,すでに始まっているサービスですが,
◆Video Abstractの掲載が可能です:ビデオにより専門分野外の読者にもアピールしやすい論文紹介が可能になりました.

Island Arcでは投稿者や読者の皆様の利便性を向上するとともに,日本地質学会を代表する,さらに魅力的な国際誌を目指して,これからも様々な改革を行ってまいります.

Island Arcアクセスはこちらから
https://onlinelibrary.wiley.com/journal/14401738

(2019年12月 Island Arc編集委員会)