キャンセルした講演の講演要旨の扱いについて

 

学術大会にて発表を申し込まれた講演を講演要旨印刷後にキャンセルした場合,該当講演の要旨は印刷物として存在することになります.この講演要旨の扱いについて,以下の通りとします.

1.講演をキャンセルした場合,講演要旨も取り下げたものとします.講演要旨集に要旨は残りますが,キャンセルされた講演の要旨は引用できません.これまではキャンセルされた講演の要旨もJ-Stage に掲載していましたが,今後は掲載しません.

2.学術大会終了後,地質学雑誌にキャンセルされた講演を掲載し,キャンセルされた旨を周知します.

3.次年度以降の学術大会にて,キャンセルした講演の要旨を再掲し,発表を希望する場合は,再掲する要旨に「本講演は第○○年学術大会にて発表をキャンセルしたもので,本講演要旨は第○○年学術大会講演要旨集に掲載されたものを再掲したものである」旨を明記してください.

4.天災や主催者側の都合等でプログラムが中止となった場合も同様に取り扱います.ただし,ニュース誌(大会報告記事)やJ-STAGE上では「プログラム中止」と表記し,発表者によるキャンセル(「講演取消」)とは区別します.

 

一般社団法人日本地質学会
行事委員長

※第122年学術大会(2015年長野大会)から適用
※2017年9月14日 項目4を追加