第9回惑星地球フォトコンテスト入選作品

 

優秀賞:混濁
写真:小山悠太(長野県)(青森県)
撮影場所:伊那市伊那谷三峰川

【撮影者より】
三波川帯の泥質起源の結晶片岩.微褶曲がきれいだったのでそこに注目しました.

【審査委員長講評】
混濁というタイトルにふさわしく,一目見ただけでは空中写真を見ているような,顕微鏡を覗いているような,不思議な雰囲気をもった作品です.この作品ではスケールが不明ですが,これがかえって魅力となっています.正面から標本写真のように撮影したのも好感が持てます.この作品はスマホで撮影したものです.

【地質的背景】三峰川は赤石山地北部(南アルプス)の大河で伊奈谷北部の伊那市で天龍川と合流しています.「混濁」は三峰川が本流の天龍川を呑み込んでいる広大な氾濫原で“採集”されました.“標本”は細密な褶曲が美しく現れており,それらを切る劈開(岩石や鉱物がもつ特定方向へ割れやすいという性質)が見事です.「混濁」が生まれた場所を推定してみましょう.長谷地区の三波川帯までは確実ですが,露頭でこの作品と同じように見える訳ではありません.長年の水磨により誕生した逸品です.(日本地質学会名誉会員 松島信幸)
 

目次へ戻る