┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
┴┬┴┬ 【geo-Flash】 日本地質学会メールマガジン ┬┴┬┴┬┴
┬┴┬┴┬┴┬ No.490 2020/5/25┬┴┬┴  <*)++<<┴┬┴┬┴┬
┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 名古屋大会の開催中止(延期)と代替企画について 2020年5月25日
──────────────────────────────────

会員の皆様もご存知の通り,本年2月以降日本においても新型コロナウ
イルスの蔓延が急速に進み,学会のみならず社会全体の活動縮小を余儀な
くされました.いわゆる3密回避のため,学校や会社ではテレワークが推
進され,主要な学会も学術大会をウエッブ形式で開かざるを得なくなって
います.その中にあって,松田前会長をはじめ前執行理事会は,4月下旬
から5月の上旬にかけ,断続的に執行理事会をウエッブ会議として実施し,
状況の推移を見極めるとともに対応策を検討してきました.一方で,9月
に実施予定の名古屋大学における第127年学術大会(以下,名古屋大会)
については,開催校である名古屋大学を中心とした現地実行委員会(LOC)
の皆様が準備を進めて来られました.
しかし,5月の連休あけに至っても状況が急速に改善・復帰する様子は
認められず,会員の皆様に9月に名古屋大会を開催する場合の詳細な事項
をお伝えするタイミングが近づいてきました.
学術大会の開催に関しては,運営規則第14条に基づいて,年1回開催
することになっており,また年会の日程,開催場所は理事会が決めること
になっております.コロナウイルスのワクチンや治療薬のめどがたってお
らず,さらに第2波・第3波感染の危惧ありという現状を見る限り,9月
に1000人規模の学術大会を開くことは,参加される会員の皆様方の安
全確保が厳しいと5月中頃の執行理事会で判断するに至りました。それを
受けて当該執行理事会は2020年第1回理事会において状況を報告し,
第127年学術大会及びそれに付随して行われる行事と共に1年延期する
旨および学術大会に替わる行事を行うことを提案し,理事会の判断を仰ぎ
ました.
5月23日に開かれた2020年第1回理事会(ウエッブ会議)におい
て,この提案について議論された結果,名古屋大会の本年9月の現地開催
は中止し,来年度の同時期まで延期することが決議されました.LOCのこ
れまでのご努力に感謝するとともに,来年度実施に向けて捲土重来の努力
をお願いすることになりました.つきましては,来年度の学術大会開催を
準備されていた関東支部LOCにも,延期をお願いすることになりました.
ただし,名古屋大会で予定していた行事のうち,本年度の各賞授与式に
ついては, 下記の通り9月9日前後(本来の開催日)にウエッブ上で実施す
ることとします.また,新たな企画を計画・検討中ですが,
詳細は改めてご報告します。取り急ぎ,ここでは概要だけお知らせします.


1)例年行っている表彰については, 大規模集会を避けるため,
オンライン方式で執り行います。当初の大会予定日であった2020年9月9日
前後に配信の予定をしています。5月23日の総会で以下の受賞者が報告され
(総会報告参照:ニュース誌掲載予定)。各受賞講演ならびに受賞
コメントはビデオ録画していただいたものを一括配信する予定です。
  • 地質学会賞・受賞講演(山路 敦氏)
  • Island Arc賞・受賞講演(J. Wakabayashi氏)
  • 地質学会論文賞・受賞講演(星 博幸氏)
  • 地質学会奨励賞・受賞コメント(菊川照英氏,羽地俊樹氏)
  • 学会表彰・受賞コメント(浜島書店,鹿野和彦氏ほか)
  • 名誉会員・コメント(西村祐二郎氏,小松正幸氏)
  • 新規50年会員顕彰者33名:1行コメント(文字のみ学会HPに掲示)


2)表彰式とは別に以下の企画を検討中です。従来の企画の継続の他に,
新規の試みとして「地質学会ショートコース」をスタートさせたいと考え
ています。これらについての詳細は改めて御報告いたします。

A: ショートコース(新規)(Zoom利用;パスワード設定で有料配信)
基礎的科目について時間限定で配信, 希望者は参加費を払って受講,半日
程度.受講時間に応じてCPDを付与。
B: 各支部における学術発表会の充実
C:  JABEE関係の資料の刊行と配信
「大学教育大学統合期における地学教育の継続を模索する」資料の刊行
D: 日本地質学会ジュニアセッション(小さなEarth Scientistの集い)
電子ポスターとして継続
E: 若手会員のための地質関連企業の研究サポート
地質系のキャリア情報誌を刊行

日本地質学会会長 磯 行雄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
報告記事やニュース誌表紙写真を募集中です.
geo-Flashは,月2回(第1・3火曜日)配信予定です.原稿は配信前週金曜日
までに事務局( geo-flash@geosociety.jp)へお送りください.