┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬
┴┬┴┬ 【geo-Flash】 日本地質学会メールマガジン ┬┴┬┴┬┴┬┴
┬┴┬┴┬┴┬ No.540 2021/12/7 ┬┴┬┴  <*)++<<  ┴┬┴┬┴
┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴
★★目次 ★★
【1】2022年度代議員選挙の投票および会長・副会長意向調査
【2】2022年度会費払込について(割引申請受付中)
【3】ニュース誌リニューアルと原稿募集
【4】国際年代層序表(日本語版)の更新(2021年10月改訂版)
【5】第13回惑星地球フォトコンテスト受付中
【6】TOPIC:福徳岡ノ場の噴火
【7】地質学雑誌・Island Arcからのお知らせ
【8】支部情報 
【9】その他のお知らせ 
【10】公募情報・各賞助成情報等 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】2022年度代議員選挙の投票および会長・副会長意向調査
──────────────────────────────────
11月18日に代議員選挙の立候補が締め切られました.
選挙管理委員会で確認した立候補者の名簿をニュース誌11月号に掲載し,会員の
皆様に郵送いたします.なお,地方支部区においては,立候補者が定数を超えた
支部区はありませんので,全員が無投票当選となり投票は行いません(全国区
のみ投票を行います.地方支部区は,全員無投票当選となり投票は行いません).
また,この選挙と同時に,会長・副会長への立候補意思表明者に対する会員の
意向調査を実施いたします.
選挙広報・投票用紙は,12月10日(金)頃までに届くよう郵送いたします.
期日までの投票をどうぞよろしくお願いいたします.
 
投票期間:12月13日(月)から 2022 年1月10 日(月)*最終日消印有効
 
※役員選挙の詳細は(会員ページへのログインが必要です)
http://sub.geosociety.jp/members/content0106.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】2022年度会費払込について(割引申請受付開始)
──────────────────────────────────
一般社団法人日本地質学会運営規則により,次年分の会費を前納下さい
ますようお願いいたします.
また,学部に在籍している学生の方,定収のない大学院生(研究生)の
方で,それぞれ所定の書式で申請をされた方にのみ割引会費を適用します.
【割引会費請求書最終締切】2022年3月31日(木)
自動引落を登録されている方の引き落とし日は,12月23日(木)です.
 
詳しくは,http://www.geosociety.jp/outline/content0185.html
 
​━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】ニュース誌リニューアルと原稿募集
──────────────────────────────────
地質学雑誌が2022年1月から完全電子化に移行するのに伴って,ニュース誌も
リニューアルいたします.読者の皆様に魅力ある誌面を目指して新企画を
スタートします.新企画も含めてニュース誌にぜひとも原稿をお寄せいただけ
ますようお願いいたします.(広報委員会)
 
<新企画準備中です>
プロジェクト紹介/最近のプレスリリース/あのひとの横顔...など
 
詳しくは,http://www.geosociety.jp/news/n166.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】国際年代層序表(日本語版)の更新(2021年10月改訂版)
──────────────────────────────────
国際地質科学連合(IUGS)の国際層序委員会(ICS)が,国際年代層序表の
最新版(v2021/10)を公開しました.最新版の層序表(日本語版)や改訂の
内容等を学会HPに掲載しています.
詳しくは,http://www.geosociety.jp/name/content0062.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】第13回惑星地球フォトコンテスト受付中
──────────────────────────────────
***応募締切:2022年1月31日(月)***
 
惑星地球フォトコンテストは,ジオフォト文化を代表する最高峰のコンテスト
です.チャンスを逃さない新たな視点のスマホ写真も大募!!
投稿は超簡単! スマホ・携帯写真でもチャレンジ!専用応募フォームからでも
メール添付でもご応募いただけます.会員の皆様の応募をお待ちしています.
・最優秀賞:1点 賞金5万円
・優秀賞:2点 賞金2万円
・ジオパーク賞:1点 賞金2万円
・日本地質学会会長賞:1点 賞金1万円 など
http://www.photo.geosociety.jp
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】TOPIC:福徳岡ノ場の噴火
──────────────────────────────────
                  田村芳彦(海洋研究開発機構)
 
2021年8月13日の午前6時20分頃、気象衛星ひまわりが福徳岡ノ場から
の噴煙を観測した。噴火開始時刻はウエイク島のハイドロフォンに記録され
ているデータから午前5時50分と推測されている。噴煙高度は16劼肪し
ていた。海上保安庁が8月16日に航空機による観測を実施したときは、既に
噴火は終了していたが、直径約1kmの東西にかっこ型をした二つの新島が
確認された。そして、国土地理院によると、新島の東側の陸地は9月5日に
はすでに海没していた。今回の噴火は3日間と極めて短期で、その噴出物は
1986年の噴火による軽石と類似している。この短期間に噴出して漂流した
大量の軽石が南西諸島に漂着して、被害を起こし、注目を集めている。さら
に、この軽石は黒潮にのって伊豆諸島にも到着しつつある。
詳しくは,http://www.geosociety.jp/hazard/content0104.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【7】地質学雑誌・Island Arcからのお知らせ
──────────────────────────────────
■ 地質学雑誌
・127月12月号(現在校正中):愛知県東部中新統設楽層群玖老勢層に産する
礫岩:藪田桜子ほか/泥ダイアピル周辺の砕屑岩脈の方位解析による広域応力と
局所応力の検出:安邊啓明ほか/四国四万十帯カルサイト脈の同位体組成から
みた沈み込み帯地震発生深度の流体の起源:内田菜月ほか ほか計5編
 
・地質学雑誌電子版投稿編集出版規則の主要な変更点/雑誌完全電子化実施に
ついて...など大切なお知らせは,学会HPに掲載しています.
ぜひご覧ください.http://www.geosociety.jp/publication/content0002.html
 
■ Island Arc
新しい原稿が公開されています.
・Depositional process of the Byk‐E tephra bed in the Chiba Section,
central Japan:a marker bed defining the GSSP for the Chibanian Stage
:Yasufumi Satoguchi 
et al
・U-Pb dating of detrital zircon from Permian successions of the South Kitakami Belt, 
Northeast Japan: clues to the palaeogeography of the belt
:Yuxiao Li, 
Makoto Takeuchi
ほか無料閲覧はこちらから  https://sub.geosociety.jp/user.php(要会員ログイン)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【8】支部情報 
──────────────────────────────────
[関東支部]
・支部功労賞募集中
支部活動や地質学を通して社会貢献された個人・団体を関東支部として
顕彰いたします.
募集締切:2022年1月10日(月)
http://www.geosociety.jp/outline/content0201.html#2021koro
 
[四国支部]
・第21回四国支部 総会・講演会の講演要旨を公開しました.
http://www.geosociety.jp/outline/content0212.html#2021sokai
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【9】その他のお知らせ 
──────────────────────────────────
(協)テクノオーシャン・ネットワーク(TON)
12月9日(木)-11日(土)
会場:神戸国際展示場
完全事前登録制
https://www.techno-ocean2021.jp/
 
日本学術会議主催学術フォーラム:「我が国の学術政策と研究力に関する
学術フォーラム我が国の研究力の現状とその要因を探る
12月11日(土)10:00-17:30
オンライン開催
参加費無料・要事前申込
https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/315-s-1211.html
 
地区防災計画学会シンポジウム(第38回研究会)
「アフター・コロナとコミュニティ防災」
12月18日(土) 13:00-15:30(予定)
場所 オンライン開催(YouTubeによる同時配信等)
対象 地域防災力の強化や地区防災計画づくりに興味のある方
参加費無料・地区防災計画学会HPで申し込み
https://gakkai.chiku-bousai.jp/ev211218.html
 
学術会議公開シンポジウム:「生命科学分野におけるジェンダー・
ダイバーシティ−大学・企業・学協会におけるダイバーシティ推進に向けた
取り組み−」
12月19日(日)14:00-18:00
オンライン開催(Zoom)
参加費無料・要事前申込
https://www.scj.go.jp/ja/event/2021/317-s-1219.html
 
海と地球のシンポジウム2021
12月20日(月)-21日(火)
主催:AORI・JAMSTEC
開催方法:実会場とオンライン会場を使ったハイブリッド形式
※感染症の状況により変更・中止する場合があります.
参加費無料・要事前登録(12/13締切) 
https://www.jamstec.go.jp/j/pr-event/ocean-and-earth2021/
 
****2022年****
第36回地質調査総合センターシンポジウム
3次元で解き明かす東京都区部の地下地質
2月25日(金)13:00-16:55
開催形態:オンライン形式
参加費無料、事前登録制
https://www.gsj.jp/researches/gsj-symposium/index.html
 
第27回日本災害医学会総会・学術集会
3月3日(木)-5日(土)
会場:広島国際会議場・広島市文化交流会館ほか
テーマ:災害医療のパラダイムシフトー何を攻め・守り・育てるのかー
https://site2.convention.co.jp/27jadm/
 
(共)岩石―水相互作用国際会議(WRI-17)
7月30日(土)-8月4日(木)
会場:仙台市
https://www.wri17.com/
 
(後)第9回国際地学教育会議
8月21 日(日)-25 日(木)
場所:くにびきメッセ(島根県コンベンションセンター)
https://ja.geoscied9.org/
 
日本地質学会第129年学術大会(2022東京・早稲田大会)
9月4日(日)-6日(火)
会場:早稲田大学 早稲田キャンパス(東京都新宿区西早稲田)
※関連行事「地質情報展2022とうきょう」は同会場で9/3-/5開催予定.
 
国際ゴンドワナ研究連合(IAGR)2022年総会及び
第19回ゴンドワナからアジア国際シンポジウム
9月23日-25日(シンポジウム)
9月26日-27日(峨眉山巨大火山区野外巡検)
場所:中国四川省成都工科大学
予備登録:2022年1月15日まで
https://www.data-box.jp/pdir/4aa617ecc00845c284f085edba48eec5
 
その他のイベント情報は,学会行事カレンダーもご参照下さい.
http://www.geosociety.jp/outline/content0221.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【10】公募情報・各賞助成情報等 
──────────────────────────────────
・島根大学総合理工学部地球科学科 (鉱物学・岩石鉱物学) 公募(1/14)
・福岡大学理学部地球圏科学科地球科学分野教授,准教授または講師公募(2/1)
・産総研イノベーションスクール第16期スクール生(特別研究員)募集(1/4)
・東京大学地震研究所2022年度大型計算機共同利用公募研究(1/4)
・2022年度「深田研究助成」(2/4)
 
詳細およびその他の公募情報は,
http://www.geosociety.jp/outline/content0016.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
報告記事やニュース誌表紙写真募集中です.
geo-Flashは,月2回(第1・3火曜日)配信予定です.原稿は配信前週金曜日
までに事務局( geo-flash@geosociety.jp)へお送りください.