2021年Geo暦(行事カレンダー)

 

2008年版  2009年版  2010年版  2011年版  2012年版  2013年版
2014年版  2015年版  2016年版  2017年版  2018年版      2019年版
2020年版  2021年版  2022年版

2021年版 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
   
 

○印は学会主催行事.(共)学会共催・(後)後援・(協)協賛

1月January

  学術フォーラム・防災連携シンポジウム「東日本大震災から10年とこれから」
1月14日(木)10:00-18:30
会場:東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂
主催:日本学術会議 防災減災学術連携委員会、防災学術連携体(58学会)他
参加費:無料
定員:(会場)150名(500名の定員を1/3に制限しています)
   (WEB)1000名
https://janet-dr.com/060_event/20210114.html

令和2年度国土技術政策総合研究所講演会
1月18日(月)9:00-(オンデマンド配信)
参加無料,事前登録不要
http://www.nilim.go.jp/lab/bbg/koen2020.html

下北ジオパーク学術研究発表会(オンライン)
1月23日(土)13:00-16:00(使用媒体:Microsoft Teams)
参加無料.要事前申込
参加方法等詳しくは,
http://shimokita-geopark.com/2020/12/17/0123presentation/

2月February

  国際WEBシンポジウム
「持続可能な未来を拓く 〜コロナ時代における自然と人間との共生〜」
主催:国際花と緑の博覧会記念協会、地球環境戦略研究機関(IGES)
2月3日(水)15:00-16:00(日本時間)
要事前申し込み
https://www.expo-cosmos.or.jp/main/cosmos/symposium/20210203/index.html

産業技術総合研究所 第33回GSJシンポジウム(オンライン)
地圏資源環境研究部門 研究成果報告会
「地圏に関わる社会課題の解決に向けて」
2月5日(金)13:00-16:10
方法:Microsoft Teamsライブイベント
参加費無料
https://unit.aist.go.jp/georesenv/index.html

公開シンポジウム「桜川低地の成り立ちと里山ジオツアーの勧め」(オンライン)
2月14日(日)13:20-16:45(13:00 開場)
主催:筑波山地域ジオパーク推進協議会
参加形式:オンラインのみ(Zoomを使用)
参加申込締切:2021年2月7日(日)
https://tsukuba-geopark.jp/page/page000704.html

日本学術会議学術フォーラム(オンライン)
新たな地球観への挑戦―地球惑星科学の国際学術組織の活動と日本の貢献―
2月15日(月)13:00-17:30
オンライン開催 参加費無料
http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/306-s-0215.html
 

3月March

  東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会
琉球弧ダイナミクスの新展開:島弧ダイナミクスの理解への新たな切り口
3⽉3⽇(水)-4日(木) 9:00-12:30,
場所: Zoom meeting(事前の参加登録が必要です)
https://www.aori.u-tokyo.ac.jp/aori_news/meeting/2021/20210303.html

令和2年度海洋プラスチックごみ学術シンポジウム(オンライン)
3月3日(水) 9:30-17:30(予定)
主催:環境省
参加費:無料,定員:500名
参加登録締締切:3月2日(火)17:00
講演者公募締切:1月29日(金)正午
https://www.env.go.jp/press/108945.html

Tokai University Online Workshop
Challenges of Marine Observations and Development of International Collaboration
3月6日(土) 8:30-16:00 (JST)
行事詳細はこちらから

地区防災計画学会第7回大会(オンライン)
「コロナ禍でのモデル地区での地区防災計画づくり」
3月6日(土)9:30-17:30(予定)
参加無料
対象:地域防災の強化や地区防災計画づくりに興味のある方
https://gakkai.chiku-bousai.jp/ev210306.html

○JABEEオンラインシンポジウム
自然災害列島における地質技術者の育成−大学統合期における地質学教育ー
(2020名古屋代替企画)
3月7日(日)14:00〜17:15(予定)
配信方法:ZoomにYou Tubeを連動させるオンライン方式
参加費無料.Zoom参加者は事前登録制
[zomm参加申込:2/25(木)締切]
http://www.geosociety.jp/science/content0127.html

第55回日本水環境学会年会(オンライン)
3月10日(水)〜12日(金)
500件以上の一般講演、各種のセミナーのほか、特別講演会や、全国環境研協議会研究集会にご参加いただけます.水環境が抱える課題や対策にご関心のある大勢の方のご参加を期待しております.
http://www.jswe.or.jp/event/lectures/2020per.html
 

4月April

   

5月May

  日本地球惑星科学連合2021年大会
開催方式:ハイブリッド開催(完全オンライン開催になりました)
現地会場:パシフィコ横浜ノース
5月30日(日)-6月6日(日)
http://www.jpgu.org/meeting_j2021/
 

6月June

  地質学史総会・懇話会(ハイブリッドに変更)
6月26 日(土)13:00〜(30分早くなっています)
場所:早稲田奉仕園セミナーハウス(会場も変更になりました)
  〒169-8616 東京都新宿区西早稲田2-3-1
  TEL:03-3205-5411(10:00-18:00)
内容:
 志岐常正:「戦後京大地質学教室史―その虚像と実像」
 矢島道子:『地質学者ナウマン伝』を上梓して
(注)オンラインのURLは6月20日以降、希望者に送ります.矢島(pxi02070[at]nifty.com)までご連絡ください。※[at]を@マークにしてください.(2021.5.23変更)
 
情報計測オンラインセミナーシリーズ
− 数理・情報科学×計測科学の高度融合による新展開−
主催:JST CREST・さきがけ研究領域"情報計測"
第1回 6月26日(土) 10:30-11:50
第2回 7月10日(土) 10:30-11:50
以降、セミナー講演を多数回に亘りシリーズで引き続き開催予定
参加費無料,要事前参加登録
https://measurement-informatics-seminars.jp/

(協)資源地質学会第70回年会学術講演会
6月30日(水)〜7月2日(金)
 6/30:シンポジウム「酸化還元反応と鉱化作用」
会場 Webexを用いたオンライン開催
https://www.resource-geology.jp/report/
 

7月July

  (後)第58回アイソトープ・放射線研究発表会
7月7日(水)〜9日(金)
開催形態:オンライン開催
演題登録期間:2021年1月12日〜3月8日
https://confit.atlas.jp/guide/event/jrias2021/top

情報計測オンラインセミナーシリーズ
− 数理・情報科学×計測科学の高度融合による新展開−
主催:JST CREST・さきがけ研究領域"情報計測"
第2回 7月10日(土) 10:30-11:50
以降、セミナー講演を多数回に亘りシリーズで引き続き開催予定
参加費無料,要事前参加登録
https://measurement-informatics-seminars.jp/

◯日本地質学会第4回ショートコース
7月18日(日)
  • <午前>10:00-12:00「吾書くゆえに吾あり:論文執筆についての超個人的視点」磯行雄(東京大学)
  • <午後>13:30-15:30「地球科学の歴史から何を学ぶか」泊 次郎(科学史研究家)
申込締切:2021年7月5日(月)
http://www.geosociety.jp/science/content0134.html

(後)科学教育研究協議会 第68回全国研究大会・福島大会
7月31日(土) 〜8月2日(月)
会場:伊達市立霊山中学校(福島県伊達市霊山町)Web大会に変更になりました
大会テーマ 自然科学をすべての国民のものに
https://kakyokyo.org/

8月August

  地区防災計画学会シンポジウム(第37回研究会)
コロナ時代の避難の在り方―静岡県熱海市の土石流災害等を踏まえて―
8月21日(土) 13:00-15:30(予定)
※オンライン開催(YouTubeによる同時配信・再放送なし)
参加費無料・地区防災計画学会HPから申込必要
https://gakkai.chiku-bousai.jp/
 

9月September

  (共)2021年度日本地球化学会第68回年会
9月1日(水)〜15日(水)討論実施期間
9月6日(月)〜8日(水)Zoomセッション
9月7日(火)夜間集会
9月9日(木)総会・授賞式・受賞講演
9月9日(木)〜10日(金)弘前セッション
9月21日(火)閉会式
(注)全面オンライン開催となった場合:9月6日(月)〜10日(金)Zoomセッション
場所:オンライン会場および弘前大学会場(弘前大学50周年記念会館)のハイブリッド開催
http://www.geochem.jp/meeting/

日本科学協会主催セミナー:科学と芸術の交響、時空を超えた対話
9月3日(金)18:00〜20:30
ハイブリッド配信
_饐譟聞繕萓嶌1-2-2 日本財団ビル2階)
▲ンライン(Zoom Webinar使用)
参加費:無料(事前登録制)
https://www.jss.or.jp/ikusei/rinsetsu/arts/seminar.html

〇 日本地質学会第128年学術大会(名古屋大会)
9月4日(土)〜6日(月)
会場:名古屋大学東山キャンパス + オンライン開催
※セッションはすべてオンラインで実施します.
https://confit.atlas.jp/guide/event/geosocjp128/top

(後)第64回粘土科学討論会
9月14日(火)〜18 日(土)
(ポスター発表はリモートおよびオンデマンド方式)
会場:信州大学 長野(工学)キャンパス
http://www.cssj2.org/event/annual_meeting/

日本土壌肥料学会2021北海道大会
9月14日(火)〜16日(木)(オンライ大会)
※全面オンライン大会に変更
https://www.jssspn.org/2021/

日本鉱物科学会2021年年会
9月16日(木)〜18日(土)
場所:広島大学東広島キャンパス
http://jams.la.coocan.jp/nenkai.html

国際ゴンドワナ研究連合(IAGR)2021年大会及び第18回ゴンドワナからアジア国際シンポジウム
9月17日(金)-19日(日)(会議)
9月20日(月)-21日(火)(野外巡検)
会場:中国青島
ファーストサーキュラー:
www.gondwanainst.org/symposium/2021/IAGR2021Invitation.htm
(注)中国国外の参加者については会議にはオンライン参加のみ、20〜21日の野外巡検は中止となりました。(2021/7/19追記)

2021年度日本火山学会秋季大会
9月20日(月)〜22日(水)
場所:東北大学
東日本大震災被災地及び鳴子・鬼首・蔵王地域への現地討論会も予定.
http://www.kazan-g.sakura.ne.jp/J/index.html

「地盤情報と地盤防災を学ぶー京都南部地域と木津川周辺を例にしてー」講習会
KG-NET・関西圏地盤研究会・一般社団法人関西地質調査業協会 共催
日本地質学会近畿支部ほか 協賛
9月30日(木)10:30-16:30
開催形式:オンライン会議(Zoom)
定員:200名
受講料:6,000円(税込)
詳しくは,https://www.kg-net2005.jp/index/

10月October

  第31回 地質汚染調査浄化技術研修会(座学オンライン第1回目)
10月1日(金)18:30-20:30
内容:地質汚染調査・土壌汚染状況調査概論
講師:駒井 武(東北大学大学院教授)
受講方法:ZOOMによるオンライン
申込期限:2021年9月20日まで
受講料:無料
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm

◯日本地質学会第5回ショートコース
10月3日(日)
  • 9:00-12:00応用地質学への招待:私の現場から+α:永田秀尚(有限会社風水土) 
  • 13:30-16:30GISとWebGISによるデジタル地質情報の利活用:宝田晋治(産総研・地質調査総合センター)  
申込締切:2021年9月21日(火)
http://www.geosociety.jp/science/content0137.html

(後)藤原ナチュラルヒストリー振興財団設立40周年記念公開シンポジウム
「海と地球の自然史−変わりゆく海洋環境から海洋プラスックごみまで地球の問題を考える−」
10月24日(日)13:00〜17:00(予定)
形式:オンラインと会場のハイブリッド開催
場所:仙台国際センター
https://fujiwara-nh.or.jp/archives/2021/0802_134000.php

2021年度 第2回地質調査研修
10月25日(月)- 29日(金)
場所:島根県出雲市長尾鼻周辺(小伊津海岸)
研修内容:室内で岩石の見方等を理解した上で、野外での地層・岩石の観察ポイントからまとめまで、地質図を作成するための基本的事項を5日間の研修で習得します。
定員:6名(定員になり次第締切),CPD:40単位
主催:産総研コンソーシアム「地質人材育成コンソーシアム」
https://www.gsj.jp/geoschool/geotraining/2021-2.html

11月November

  ​​(後)第31回社会地質学シンポジウム
11月26日(金)-27日(土)
オンライン開催
発表申込締切:9月30日(厳守)
https://www.jspmug.org/envgeo_sympo/31st_sympo/31st_sympo.html

12月December

  地質学史懇話会[オンラインと対面のハイブリッド]
12月19日(日)13:30-16:30
場所:早稲田奉仕園(東京メトロ東西線早稲田駅下車徒歩5分)
  • 青木滋之「ダーウィンと科学哲学 ―同時代、現代の視点から―」
  • 加藤碵一「菜食主義とライマン・宮沢賢治余聞」
連絡先:矢島道子 pxi02070[at]nifty.com

海と地球のシンポジウム2021
12月20日(月)-21日(火)
主催:AORI・JAMSTEC
開催方法:実会場とオンライン会場を使ったハイブリッド形式
※感染症の状況により変更・中止する場合があります.
発表課題募集締切:9月17日(金)
https://www.jamstec.go.jp/j/pr-event/ocean-and-earth2021/