2022年Geo暦(行事カレンダー)

 

2008年版  2009年版  2010年版  2011年版  2012年版  2013年版
2014年版  2015年版  2016年版  2017年版  2018年版      2019年版
2020年版  2021年版  2022年版

2022年版 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
   
 

○印は学会主催行事.(共)学会共催・(後)後援・(協)協賛

1月January

  (後)原子力総合シンポジウム2021(オンライン)
1月17日(月)13:30〜16:30
Zoomウェビナーによるオンライン開催
要事前登録
https://www.aesj.net/symp20220117

第235回地質汚染・災害イブニングセミナー(オンライン)
1月21日(金)18:30〜20:30
講師:新里忠史 (日本原子力研究開発機構)
演題:「福島の森林域を中心とした放射性セシウムの分布と移行状況」
参加費:会員:無料,非会員:1,000円
http://www.npo-geopol.or.jp/event.htm

第31回 地質汚染調査浄化技術研修会(オンライン)
1月28日(金)19:30-21:30
内容:地質汚染調査のための地層の見方と単元調査法について
講師:風岡 修(地質汚染診断士、理学博士)
受講方法:ZOOMによるオンライン
申込期限:2022年1月25日まで,受講料:無料
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm

日本博物館協会緊急フォーラム
文化審議会答申
「博物館法制度の今後の在り方」を読み解く−博物館の振興に向けて−

1月28日(金)13:30-17:00
zoomによるオンライン開催
参加定員:500名・参加費無料(要参加申込)
https://www.j-muse.or.jp

2月February

  第35回地質調査総合センター シンポジウム
 「ゼロエミッション社会実現に向けたCCSにおける産総研の取り組み」

2月10日(木)13:00-17:15(配信開始 12:30を予定)
会  場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)CPD:4単位
https://www.gsj.jp/researches/gsj-symposium/sympo35/index.html

情報科学を活用した地震調査研究プロジェクト
(STAR-Eプロジェクト)第1回研究フォーラム

「地震×AI、STAR-Eプロジェクトで目指すイノベーション〜注目のAI企業が語る地震研究の可能性〜」
2月18日(金)9:30-12:00(開場 9:15)
主催:文部科学省
募集締切:2月17日(木) 12:00
開催形式:オンライン配信(Vimeo)参加費無料
申込URL:https://star-e-project.eventcloudmix.com

(共)地質情報展2022あいち ―発見!あいちの大地―
2月19日(土)- 20日(日)
場所:名古屋市科学館イベントホール
主催:GSJ・日本地質学会・名古屋市科学館
後援:中部地質調査業協会,日本ジオパークネットワーク
https://www.gsj.jp/event/johoten/index.html

東青ヶ島海丘カルデラ熱水サイトシンポジウム
2月24日(木)13:00から
会場:オンライン開催(zoom)
主催:JAMSTEC海洋機能利用部門海底資源センター
参加申込はこちらから
プログラムなどシンポの詳細はこちら(pdf)

(後)第36回地質調査総合センター シンポジウム
「3次元で解き明かす東京都区部の地下地質」

2月25日(金)13:00-16:55(配信開始 12:45を予定)
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)CPD:3.5単位
https://www.gsj.jp/researches/gsj-symposium/sympo36/index.html

第31回 地質汚染調査浄化技術研修会
2月25日(金)19:30-21:30
内容:地質汚染調査におけるボーリング調査
講師:風岡 修(地質汚染診断士、理学博士)他
受講方法:ZOOMによるオンライン
申込期限:2022年2月21日まで
受講料:無料
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm

防災科学技術研究所令和3年度成果発表会
来るべき国難夕災害に備えて2022
国難にしないために:モノで守り,行動を変える

2月28日(月)13:00-17:00
会場:東京国際フォーラム(会場参加/オンライン配信)
参加無料,会場参加は要事前申込(2/14締切)
https://www.bosai.go.jp/info/event/2021/seika/index.html
 

3月March

  第27回日本災害医学会総会・学術集会 
3月3日(木)〜5日(土) 
会場:広島国際会議場・広島市文化交流会館ほか
テーマ:災害医療のパラダイムシフトー何を攻め・守り・育てるのかー 
https://site2.convention.co.jp/27jadm/

◯第2回JABEEオンラインシンポジウム(オンライン)
『昔と違う イマドキのフィールド教育』
3月6日(日)14時開会予定
Zoom によるオンラインシンポジウム
参加費無料
http://www.geosociety.jp/science/content0141.html

令和3年度筑波山地域ジオパーク学術研究助成金普及講演会(研究成果発表会)
3月6日(日)13:30-16:00
会場:オンライン(Zoom利用)
定員:90名(先着順)
参加無料,要事前参加登録(2/28締切)
詳しくはこちらから(PDF)

日本列島の地殻応力〜ジャパンストレスマップ(JSM)
3月7日  14:00〜17:20
場所:土木学会講堂(オンライン併用)
主催:土木学会エネルギー委員会
参加費:無料(事前登録制)CPD:1.9単位
https://committees.jsce.or.jp/enedobo/node/90

第56回日本水環境学会年会(オンライン)
3月16日(水)-18日(金)
https://www.jswe.or.jp/event/lectures/2021per.html

第236回イブニングセミナー(オンライン)
3月25日(金)19:30-21:30
演題:「赤色立体地図の原理と応用 特に最近の発展について」
講師:千葉達朗(アジア航測株式会社)
主催:NPO法人日本地質汚染審査機構
参加費:主催NPO会員(無料) 非会員(1,000円)
http://www.npo-geopol.or.jp/event.htm

4月April

  JAMSTEC海域地震火山部門令和3年度研究成果報告会
4月6日(水) 13:00-15:00
開催形式 :オンライン(ZOOMウェビナー) 日本語
参加費 :無料 ※事前登録制
参加申込締切:4月4日(月)13:00
定員:450名(定員に達した場合締切)
https://www.jamstec.go.jp/rimg/j/topics/20220406/

2022年堆積学会オンライン大会
4月23日(土)-24日(日)
主にZoomを使用したオンライン開催
http://www.sediment.jp/04nennkai/2022/2022online_annai.html
 

5月May

  2022年「地質の日」関連行事はこちらから

第31回 地質汚染調査浄化技術研修会(座学オンライン第6回目)
5月13日(金)19:30-21:30
内容:地質汚染調査におけるボーリング調査
講師:風岡 修(地質汚染診断士、理学博士)他
受講方法:ZOOMによるオンライン
申込期限:5月10日まで
受講料:無料
http://www.npo-geopol.or.jp/sympo.htm

2022年度 第1回地質調査研修
5月16日(月)- 20日(金)
場所:
(室内座学)茨城県つくば市(産総研)
(野外実習)茨城県ひたちなか市,福島県双葉郡広野町・いわき市周辺
定員:6名(定員になり次第締切)
CPD:42単位, 参加費:63口(1口1000円)の会費が必要です.
https://www.gsj.jp/geoschool/geotraining/2022.html

シンポジウム:地質技術者育成の課題と対策:防災・減災、国土強靭化
を担う地質技術者の不足を鑑みて(オンライン)

5月21日(土)13:00-16:00
https://www.youtube.com/channel/UCSBjQkKQOIU7tGcn8TA1Wqw/featured
参加費無料,事前登録不要
主催:西日本地質人材コンソーシアム

(共)日本学術会議公開シンポジウム(ハイブリッド形式)
「チバニアン,学術的意義とその社会的重要性」

5月24日(火)13:00-17:10
場 所:日本学術会議講堂(東京都港区六本木 7-22-34)
要参加申込
https://nws.stage.ac/scj_sympo220524/

2022年度 第1回地質調査研修(追加)
5月30日(月)-6月3日(金)
場所:
(室内座学)茨城県つくば市(産総研)
(野外実習)茨城県ひたちなか市,福島県双葉郡広野町・いわき市周辺
定員:6名(定員になり次第締切)
CPD:42単位, 参加費:63口(1口1000円)の会費が必要です.
https://www.gsj.jp/geoschool/geotraining/2022-1.html  

6月June

  第237回イブニングセミナー(オンライン)
6月17日(金)19:30-21:30
演題:「熱海で発生した泥流被害とその他の近年の土石流・泥流被害」
講師:安田 進(東京電機大学名誉教授)
主催:NPO法人日本地質汚染審査機構
参加費:主催NPO会員(無料) 非会員(1,000円)
http://www.npo-geopol.or.jp/event.htm

地質学史懇話会(オンラインとハイブリッド)
6月18日(土)13:30-16:30 
場所:早稲田奉仕園(東京メトロ東西線早稲田駅下車徒歩5分)
講演者:中川智視「19世紀アメリカにおける専門化の進展」(仮題)
    五味 篤「高橋是清のペルー銀山事件と地質関係者」
問い合わせ:矢島道子 pxi02070[アットマーク]nifty.com

7月July

  (後)第59回アイソトープ・放射線研究発表会
7月6日(水)〜 8日(金)
オンライン開催(zoom)
事前参加登録(7,000円)締切: 6月10日(金)17時 
https://confit.atlas.jp/guide/event/jrias2022/top

学術会議主催学術フォーラム
「国難級災害を乗り越えるためのレジリエンス確保のあり方」

7月7日(木)13:30-17:00
場所:日本学術会議講堂(オンライン配信)
参加費無料
https://www.scj.go.jp/ja/event/2022/325-s-0707.html

(共)岩石―水相互作用国際会議(WRI-17)
7月30日(土)より→2023年8月に延期となりました(22.1.27)
会場:仙台市
https://www.wri17.com/
 

8月August

  (後)科学教育研究協議会第68回全国研究大会(岡山大会)
8月10日(水)〜12日(金)
会場 岡山理科大学 岡山キャンパス
https://kakyokyo.org/

第76回地学団体研究会総会(長野)
8月20日(土) 〜20日(日)
開催方式:現地開催とオンラインのハイブリッド方式
現地会場:信州大学教育学部(長野県長野市)
https://www.chidanken.jp/

(後)第9回国際地学教育会議
8月21 日(日)〜 25 日(木)
会場:くにびきメッセ(島根県コンベンションセンター)
https://ja.geoscied9.org/
 

9月September

  ◯日本地質学会第129年学術大会(2022東京・早稲田大会)
9月4日(日)〜6日(火)
会場:早稲田大学 早稲田キャンパス(東京都新宿区西早稲田)
※関連行事「地質情報展2022とうきょう」は同会場で9/3-9/5開催予定です.

(共)2022年度日本地球化学会第69回年会
9月5日(月)-12日(月)
場所:高知⼤学朝倉キャンパス会場+オンライン会場(ハイブリッド開催)
http://www.geochem.jp/meeting/

(後)第65回粘土科学討論会
9月7日(水)-8日(木)
※討論会のみの実施,現地見学会は開催しません.
会場:島根大学
http://www.cssj2.org/event/annual_meeting/

日本鉱物科学会2022年年会・総会
9月17日(土)〜19日(月)
会場:新潟大学
http://jams.la.coocan.jp

第39回歴史地震研究会(高槻大会)
9月17日(土)-19日(月)
場所:関西大学高槻ミューズキャンパス
http://www.histeq.jp/kenkyukai.html

国際ゴンドワナ研究連合(IAGR)2022年総会及び第19回ゴンドワナからアジア国際シンポジウム
9月23日〜25日(シンポジウム)
9月26日〜27日(峨眉山巨大火山区野外巡検)
会場:中国四川省成都工科大学
https://www.data-box.jp/pdir/4aa617ecc00845c284f085edba48eec5
,0

10月October

   

11月November

  日本火山学会2022年度・秋季大会
11月3日(木)〜6日(日)
会場:三島市民文化会館・三島市民市生涯学習センター
(状況により開催方法・内容が変更になる可能性があります)
http://www.kazan-g.sakura.ne.jp/J/index.html

第35回ヒマラヤ−カラコルム−チベット ワークショップ(HKT-35)
11月2日(水)〜4日(金)
場所:ネパール・ポカラ
発表要旨締切:7月31日
www.gondwanainst.org/symposium/2022/HKT2022/Interimnotice-HKT-20220518.docx
 

12月December

  地質学史懇話会(オンラインとハイブリッド)
12月17日(土)13:30-16:30
場所:早稲田奉仕園(東京メトロ東西線早稲田駅下車徒歩5分)
山田俊弘「望月勝海日記通読より」(仮題)
今村遼平「中国地図測量史」
問い合わせ:矢島道子 pxi02070[アットマーク]nifty.com